カテゴリー: カメラ話

「プロのカメラ」論みたいなやつ

実際、プロのカメラマンに求められるのって出たとこ勝負でなんとかする能力であって、これしか撮りません、こうしか撮れませんみたいに思い切りジャンル限定でやるカメラマンって、よほど経歴が良くてコネが強力な人か、自称プロだけど実際は実家に食わせてもらっているような人しか見当たりません。大なり小なり、クライアント側というか現場の無理に合わせて撮るのが仕事です。続き「プロのカメラ」論みたいなやつ

画質は直線番長みたいなもの

面白い写真を撮るかどうかは自分次第、道具はそれを邪魔しないように選べばいいやね、という思いを新たにしました。自分を面白いものが撮れるところに連れていき、写真にしたときに「おっいいね」と立ち止まって見てしまうようなものを撮らせるものの見方が出来るかどうか。続き画質は直線番長みたいなもの